FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みちのく旅8・9日目 青森~東京 17~18日

山屋の朝は早い。となりのテントは早朝にでていったようだ。こちらは6時に目を覚ます。寒いので寝袋から出たくない。朝日が射し込んでくるまでこのまま寝ころんだままでいよう。

30分ほどでお日様がテントの入り口をしっかり照らしてくれるようになった。テントから顔を出して、パンとコーヒーで軽い朝食にする。有料道路のゲートは8時半にならないと開かないので、早く行ってもしかたない。

きょうは午前中山に登るあいだテントはここに張りっぱなしにして荷物もここに置いておく。帰ってきて片づけるつもりだが、簡単に少し荷造りしておく。なんせ午後からはわき目もふらずに東京目指して走ることであるから少しでも時間短縮したい。

8時前にキャンプ場をでると、有料道路入り口には8時10分くらいについてしまった。ゲートの前には開門を待つ車とバイクが1台ずついる。山形ナンバーの若者と話す。

津軽若木スカイライン入り口

日帰りで来たという。そうか山形からなら日帰り圏か、とか話すうちにゲートが開く。一番乗りで料金を払う。1000円也。しかしここの料金表はつっこみどころ満載だ。軽貨物と軽乗用は分けて書く意味あるのか?とか、大型特殊自動車でヘアピンカーブが69個連続してる道路を走りに来る奴はいるのか?とかである。

料金表

ともかく9時前に8合目駐車場に到着。

8合目

山登りの格好になって、休憩所横から登山道に入る。細くて石がごろごろな感じ。左右からはみ出した草木の朝露が体にべたべたつく。

岩木山登山道

25分で馬の背につく。ここには噴火口のあとがある。左に上がると岩木山頂上25分。右に行くと鳥海山5分とある。まずは右の鳥海山に向かって往復。馬の背から岩木山を目指し、岩場の登山道を上がっていく。行ったこと無いけど、賽の河原?みたいに岩ゴロゴロで、見上げると先に登っている人が岩に張り付いているのが見える。

噴火口
鳥海山


これは下りは膝に来るなあ、と不安になる。3週間前に富士山に登ったあと、少し無理すると右膝が軽く痛むようになってしまった。

頂上は広いが、やはり岩だらけである。三角点、神社の祠、新築中のトイレなどがある。三角点で記念撮影したら、トイレ工事の作業の人が写り込んでしまった。だからヘルメットをかぶっている。

岩木山頂上
頂上奥の院
登頂記念

鳥海山往復は予定外だったので、あまり頂上に長居はできない。隣のテントの山屋さんはいまどのあたりかな?などと考えながら、早速に下山開始。膝の負担にならないように、できるだけ1歩をちいさくして歩く。

下からものすごい大荷物を担いでいる2人連れが上がってきた。おっちゃんのほうが若い人に、津軽弁で何かずっと話しかけているが、何一つ理解できんかった。おそるべし津軽弁。すれ違うとき、若い方にすごい荷物だね、と聞くと、岩木山神社の祭礼がこの3日間あって、頂上の奥の院でご来光をみる習わしになっているそうだ。彼らは頂上に泊まり込んで参詣の方々をお待ちすのだとか。なんだ、知ってたらそれに参加したのに、残念。

次にすれ違った人に挨拶して顔を見たら、隣の山屋さんだった。再会。お互いの無事と健闘を讃えあう。山屋さんとはここで分かれた。

11時頃には降りれるかと思ったが、11時半に8合目駐車場に到着。1000円も払った通行料の元を取ろうと思えばあと3往復くらいバイクで走りたいところだがそんな洒落たことをしている時間はない。

キャンプ場につくと、見たことのあるヤマハFJR1300が止まっている。大間崎で会った彼である。たまたまこのキャンプ場に寄ってみたら、見覚えのある私のテントを見つけたので、バイクが直ったんだ、と思っていたらそこに私が帰ってきた次第である。

大間では朝起きたらもう出発していたので、挨拶できなかったことが気にかかっていた。偶然の再会に感謝。二人で記念撮影してメルアドを交換した。

神社の祭礼に行く彼を見送って、すぐに荷造りして12時半に出発できた。

山麓から弘前方面に続くアップルロードは、信号も少なくリンゴ畑の中を快調に走れる良い道だ。これから今日明日で国道を900キロ走らなければならない。今夜は走れるだけ走って、新潟の先あたりまでは行っておきたい。

18時に日が暮れる。日本海の夕日を見ながら温泉に入る計画は今回時間不足でできないが、せめて海岸で落日を見ておく。

日本海夕日

19時にマクドナルドでバーガー×2とコーヒー=320円。
ブログの更新やコメントチェックなど。使っているスマートフォンで無線LAN接続しているが、はじめは調子良くサクサク動いているが、10分もやっているとフリーズしてしまう。いちいち再起動してはじめからやり直すので、パソコンなら10分でできることが、30分近くかかってしまう。デジカメ画像の転送などやっていたらいつ終わるか分からない。今後自転車旅には何を持ってでるか、要検討である。

ずんずん走る。秋田を通り過ぎ、日付が9月18日になった。暗闇忍者走法と名付けよう。日本海側はバイパスになっているところが多く、信号が少ない上に夜は交通量が減るので、高速道路状態である。

午前3時半に新潟県の小千谷の道の駅で休憩。室内のベンチで1時間ほど横になって寝る。

5時に目が覚めると外はもうほの明るい。走行再開。まだ眠いが、先に走りきってから自宅でゆっくり寝たい。

国道17号線で新潟から群馬に入り埼玉を抜けるともう東京だ。上尾市内の国道沿いにあったすき家で昼飯。髪の長い店員の女の子の大きな目が印象的だった。ウランちゃんの目に似てるなあ。

17号線は都内で本郷通りとなり、見慣れた風景になってくる。やっぱり都内は人も車も多いなあ。また早く旅に出たくなる。

14時半。上野の自宅に無事到着。仮眠して、夜は大学時代の部活OB会に出なければならない。

お疲れ。昨日本日の走行900キロ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2018年11月 | 12月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

旅人 ヨッシー松田

Author:旅人 ヨッシー松田
ご注意!!!!

ブログサイトを移転しました。新しい記事は下記のソネットブログでお読みください。

http://tabibito843.blog.so-net.ne.jp/

なお、過去記事に関してはしばらくの間、このブログサイトも並行して残していますので、こちらでお読みください。面倒おかけします。

********************************************************
現在48歳の青春シングル迷走中。

18年前に約1年間かけて、地球一周旅行を実施。その日記をブログにて公開中。
http://blog.goo.ne.jp/watashinihayumegaaru/

その後日本でラフティングとカヌーのイベント会社、地球倶楽部を12年主宰。和歌山県北山川・熊野川、四国吉野川・四万十川、岐阜長良川などで川下り&キャンプのツアーを実施していましたが、思うところあって会社を閉じました。

東京で単身さまざまな仕事を経験したあと、いまは子供のときの夢を実現するべく、2009年10月から日本全国自転車ぐるぐる旅の真っ最中です。

メールはこちらから
メールはこちら>>

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。